排便と便秘

排便と便秘

便秘というのは、明確な定義がないと言われるほど非常に複雑な症状であることが知られています。「3日以上」排便行為がない状態とすれば、通常4日ほどでの習慣のある人は便秘にならないということがその背景にはあります。逆に2日でも便秘であると主張する人もいたりするため、一般的に「便秘」と呼ばれる症状とその医師などが病態を示す「便秘症」は異なる側面をもっているのです。
一般的に「便秘」という場合は、なかなか便が出ないとか朝快調ではないということを指します。何か便秘という症状を測るためのチェック項目や検査方法があるわけではなく、その時の自らの感覚が頼りとなっているのです。
逆に、「便秘症」といった場合には、本人の自覚症状の有無に関わらず腸の健康状態や検査結果から診断することになります。もちろん自覚症状があることもありますが、そうでないこともあるのです。
なぜ排便の回数だけで便秘かどうかが決まらないかといえば、便秘という症状には便が適度な回数排出されるかどうかということ以外に、腸の中に残る残留便も便秘症には重要となってくるからです。簡単にいえば、便秘症という病態が含んでいるのは便が出るかどうかだけではなく、便が正常に排出されているかどうかにも焦点が向けられるからだといえるのです。
また、なぜ個人の自覚症状だけでも便秘症と決まらないかといえば、無自覚のうちに腸の中に便がたまっていたり、その影響で身体のどこかしらに症状が出ていることがあるということもあるのです。その中には頭痛や腰痛などを始め、肌荒れや肩こりなど便秘が原因とはとても考えられないようなことも生じているためなのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする