便の形成と便秘

便の形成と便秘

便は元々は食べ物であるのですが、便という物体になってしまうと、
汚いものとであるして見られます。
食べ物のうち身体にとって必要のないものが、塊になっているというわけです。
食べ物は食道を経て胃を通るうちに消化されていき、
栄養が吸収されやすい状態になっていきます。
小腸まで達すると、大部分の栄養素と水分が吸収されます。
このときの食べ物の状態は、おかゆのようにどろどろしたものになっています。
その残りが、大腸を少しずつ移動していきます。
スピードは、1分に2回から3回という蠕動運動のペースです。
何となく便というと腸でつくられているというイメージもあるのですが、
あくまでも食べ物が口から体内に入った瞬間から、
あらゆる消化器官によって少しずつ形成されていくのです。
便秘であるということは、身体に不要なものが、
身体の中から出ることができていない状態であるということになります。
すると当然、身体に何らかの異常が起こったとしても、おかしいことではありません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする