たばこと便秘の関係

たばこと便秘の関係

たばこは健康に悪影響を与えることはよく知られていると思いますが、
実は便秘解消効果があります。
というのも、たばこに含まれているニコチンは、
ぜん動運動をおこす神経伝達物質アセチルコリンと、似た働きをしてくれるのです。
たばこを吸うことで、胃や腸の運動が高まり、排便が促進されるようです。
ですから、逆に禁煙をすることで、便秘を引き起こしてしまうことも覆うようです。
禁煙をすると、胃や腸の動きが悪くなってしまうのです。
喫煙が日常的にあった場合、体内にニコチンがたまってしまっています。
そのニコチンが消えるには、個人差はありますが、
1ヶ月から3ヶ月はかかるといわれています。
ですからその間は、便秘に悩まされやすいというわけです。
禁煙が原因の便秘に場合、便秘薬にはあまり効果が期待できません。
というのも、アセチルコリンよりもニコチンのほうが、ぜん動運動を促進する効果が高いので、
便秘薬で腸を刺激しても、効果が薄いのです。
また、1ヶ月から3ヶ月という長い期間の間便秘の症状とつき合うことになるので、
長い期間便秘薬を飲むことで、その効果もどんどん弱くなってしまいます。
禁煙をするのは、健康にとってメリットが多いことです。
禁煙をして便秘に場ってしまっても、食物繊維を多くとったり、
水分を多めに取るようにしたり、運動を取り入れるなどして、
改善していくようにしましょう。
体内のニコチンがなくなればきっと解消されるでしょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする