発熱と便秘

発熱と便秘

せきや鼻水、風邪の症状にはいろいろありますが、
熱が出る場合も少なくありません。
場合によっては、39度以上の高熱を出してしまうこともあります。
その発熱が便秘を引き起こしてしまうことがあります。
高温の発熱が続くと、体が脱水症状になってしまうことがあります。
熱で水分喪失量が多いのに、
具合が悪いと、水分補給を怠ってしまって、体の水分が不足してしまうのです。
熱が高いと、汗が多く出たり、呼吸が多くなり水分を喪失しやすいのです。
そうなると、便の水分も奪われ、便が硬くなってしまうので、
便が出にくくなり、便秘を引き起こしてしまうのです。
また、発熱などの症状があると、食欲が落ち、食事量が減ってしまいます。
食事量が減ると、便のかさが減ってしまうので、便が出にくくなってしまうのです。
このように、発熱の症状があると、便秘を引き起こしやすくなってしまいますので、
できるだけ水分をとるようにしたり、
食べられるものを食べるようにするなどしたいものです。
ただ、まずは、風邪の症状を改善することですね。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする