母乳育児中の便秘薬

母乳育児中の便秘薬

母乳育児中は、お母さんの水分不足や運動不足、睡眠不足などが原因で、
便秘になりやすいようです。
しかし、だからといって、便秘薬を飲むのはよくありません。
妊娠中も赤ちゃんに悪影響を与えるいリスクがありますが、
出産してからでも、母乳育児を行っている場合には、
母乳から便秘薬の成分が赤ちゃんに移行してしまうのです。
母乳はお母さんが食べたものが影響されます。
食べるものによって母乳の味が違ってくるともいわれています。
ですから、お母さんが便秘薬を飲むことで、それが赤ちゃんに影響してしまうのです。
授乳中に便秘になったとしても、簡単に便秘薬を飲むのはやめましょう。
まずは、出産をした産婦人科を受診して、相談してみるいことをオススメします。
授乳中でも安心して飲むことができる便秘薬を処方してくれるでしょう。
また、食生活に気をつけることも大切です。
赤ちゃんのお世話で大変かもしれませんが、赤ちゃんの栄養のためにも、
脂っこいものは控えめにして、食物繊維や乳酸菌をとるようにしましょう。
また水分補給をまめにしたり、たまにはリフレッシュをすることも大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする