母乳育児、便秘の原因と改善法

母乳育児、便秘の原因と改善法

母乳育児は、子どもにとっても免疫がついたり、消化吸収しやすかったり。
お母さんの子宮の収縮を促したり、産後太りを解消しやすくしてくれたり、
ミルク代がかからないなど、メリットは多いものです。
しかし、母乳育児は便秘とも大きく関係しています。
それは水分不足です。
赤ちゃんは月齢や個人差はありますが、1日に600から1000ml程度の母乳を飲みます。
それだけお母さんの体から、水分が失われているのです。
成人女性は、体重1キロに対して、40mlが必要水分量といわれています。
お母さんの体重が50キロだった場合、必要水分量は、2リットルという計算になります。
毎日2リットル水分を取ることもなかなか大変なのに、
母乳で水分が減少するとなると、その分もプラスして水分を補給しないと、
水分量が不足してしまうことになります。
体の水分量が少なくなってしまうと、便が硬くなり、便秘を引き起こしやすくなってしまうのです。
ですから、母乳育児をしているお母さんは、水分を多めにとるようにしましょう。
水分を取ることで、母乳の出も良くなるというメリットもあります。
温かいお茶などを飲めばリラックス効果も期待できます。
ただ、赤ちゃんに温かい飲み物がかからないようにしたり、
カフェインを取り過ぎないようにすることも大切です。
最近は、カフェインレスのコーヒーや紅茶などもあるので、
うまく取り入れて、水分を補給しましょう。
ペットボトルや水筒などを持ち歩くと、マメに水分を取れるので、オススメです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする