産後も便秘になりやすい

産後も便秘になりやすい

妊娠中は、黄体ホルモンの影響やおなかが大きくなることで圧迫されて便秘になりやすいもの。
さらに、運動不足やストレスも便秘の原因となってしまいます。
それは出産されれば解消するのかと思いがちですが、
それがなかなかそうではありません。
便を出すには腹筋が大切になりますが、
産後は、腹筋がかなり衰えている場合が多いので、
便秘になりやすいのです。
また、出産時の傷が気になって、なかなか力を入れられないこともあります。
帝王切開の場合には、傷の治りも遅めなので、お腹に力を入れることで傷が痛んでしまい、
恐怖感で便秘を引き起こしてしまうことも。
それ以外でも、生まれた赤ちゃんとも便秘は関係しています。
赤ちゃんは母乳を飲んで大きくなります。
その母乳は水分なので、母乳を作るために体の水分が必要になります。
ですからしっかりと水分補給をしないと、体の水分が不足してしまい、便秘になりやすくなります。
また、赤ちゃんはおなかがすくと泣いて、オムツが濡れると泣いてと、
朝でも夜でもお構いなし。
ですから、お母さんは睡眠不足になったり、疲れがたまってしまいます。
それが便秘の原因になることもあります。
さらに、赤ちゃんがいるとなかなか近くを離れることができないので、
行動範囲が狭くなり、運動不足になってしまいます。
また、便意を感じたときに赤ちゃんが泣き出してしまうと、
赤ちゃんのほうを優先してしまい、便を我慢しがちになってしまいます。
そのようないろいろなことが重なり、産後も便秘になりやすいのです。
だからといって授乳中も簡単に薬は飲みたくありません。
ですから、できる範囲で改善をしたり、たまには家族に頼るなどして、
ゆっくりトイレに入る時間を確保したいですね。
また、食事などにも気をつけてみましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする