生理と女性の便秘

生理と女性の便秘

日本人女性の二人にひとりは便秘に悩まされているといわれています。
女性は男性に比べて筋力が弱いことも関係しているようですが、
ホルモンも大きく関係しているようです。
女性はだいたい月に1度、生理があります。
この生理前になると便秘になるという女性も多いはずです。
というのも、生理前になると、黄体ホルモンといわれる女性ホルモンが多く分泌されます。
そうすることで、自律神経の働きが悪くなってしまい、便意を感じにくくなったり、
大腸のぜん動運動を弱めてしまう効果もあり、
便秘を起こしやすくなるといわれています。
また、黄体ホルモンは肛門付近の粘膜に炎症を起こすともいわれており、
それも便秘の原因のひとつではないかといわれています。
もちろん、生理痛などの症状も程度は人それぞれ違うように、
生理までも特に便秘にならない人もいます。
しかし、体の働きでいうと、便秘になりやすい時期でもあるのです。
生理による便秘を改善することは難しいのですが、
普段から便秘の予防をしておくことで、
生理前の便秘がひどくならないようにすることはできるようです。
腹筋を鍛えたり、腸内環境を整えたり、生活習慣を整えるなど、
便秘になりにくい体を作りましょう。
また、生理前は便秘になりやすいのですが、
生理が始まってしまうと、逆にぜん動運動を起こすホルモンが多く分泌されるので、
便が柔らかく、出やすくなります。
便秘は解消されると思いますが、
そのほかにも腰痛や頭痛、微熱、イライラ感などを引き起こしてしまうので、
生理が始まったからといって快適になるわけではないのが、女性の大変なところです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする