昔ながらの日本食は便秘に良いものだった

昔ながらの日本食は便秘に良いものだった

古い時代に食べられていた食事は、
まさに身体が資本であった時代に人々が健康に過ごすことのできるものとして、
必要な栄養が十分に含まれる理想的なものでした。

主食は現代のような白いごはんではなく、玄米や雑穀でした。

それとともに漬け物や納豆などといった発酵食品も定番のおかずだったわけですから、
便秘に悩まされる原因とは無縁であったことは言う間でもないでしょう。

また諸外国において、食物繊維や発酵食品を積極的に摂取しているという地域ですと、
平均寿命が長いといった傾向も見られます。

つまり、古代日本で当たり前のものだった日本食は健康食だったということができ、
時を経た現在になって、世界的な注目を集めているというところもあります。

便秘対策を考えるうえでも、参考になるところは多くあります。昔の食卓を完全に再現するといった必要はなく、どのような料理であったとしても野菜は食べる習慣を持ち、そこにヨーグルトなどといった発酵食品も取り入れるということが効果的です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする