日本の現代人が便秘になりやすい理由

日本の現代人が便秘になりやすい理由

日本人がアメリカやヨーロッパの人々と比較して、
便秘になりやすいという違いの一因として、
日本人の腸の長さということが挙げられています。

この違いは、長い歴史的な食習慣のなかから生まれてきたものでもあります。
かつて日本の人々は、白いごはんではなく雑穀などを主食としていました。

基本的にはよく噛んで食べるものが多く、そこには食物繊維も豊富に含まれていたのです。
自然に日本人は、便秘になりにくい食生活を送っていたというわけです。

それが戦後しばらくを経過してから、欧米型の食事が取り入れられてきたこともあり、
やわらかい食べ物が好まれるようになります。

欧米型のメニューには食物繊維が不足していることも多く、
どうしても栄養のほとんどは小腸へと吸収されることになり、
便ができにくいために便秘へとなっていくことになります。

つまりはからずも、
昔の伝統的な日本食というものは食物繊維を豊富に摂取することができ、
体質面から見ても適したものであるということができるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする