慢性便秘は判断しにくい

慢性便秘は判断しにくい

生活習慣などの影響で腸のはたらきが弱まって便秘の症状が現れたときに、
放っておくことは良くありません。
そのまま便秘の症状が続いていくと、まさに慢性便秘となってしまいます。
この場合の分類としては、
腸の機能が落ちたままの状態である『常習便秘』ということになります。
常習便秘は具体的に腸のどこが弱まっているのかによって、さらに細分化されます。
『結腸性便秘』は結腸の緊張がゆるんでしまっていることによって、
蠕動運動が十分に行われていないケースです。
また『直腸性便秘』は、
直腸にある神経が鈍っているために便意が感じられなくなってしまうものです。
そして『痙攣性便秘』は逆に、蠕動運動が活発すぎるために症状が起こるものであり、
過敏性腸症候群などが該当します。
いずれにしても、
結腸や直腸が自分のおなかでどのあたりにあるのかということはわからないものであり、
どこに原因があっても結果的に便秘という症状になっていることは確かです。
そのほかに症状が慢性化するケースとしては、
病気が原因となっている『症候性便秘』であることもあります。
症候性便秘も含めてそれぞれ様態について判断することは困難であり、
便の状態をみてもタイプを見分けるということはできません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする