便秘と免疫力

便秘と免疫力

便秘になることで身体に異常が生じるということは良く知られているのですが、便秘で免疫力が低下するということまではあまり知られていません。なぜ便秘で免疫力が低下してしまうかといえば、一概に腸内環境の悪化だということができます。
腸が免疫力と大きく関係しているというのは、最近の研究で明らかとなってきたものです。腸の中にいる細菌バランスによって、腸内環境が保たれており便秘でそれが崩れて、免疫機能も低下すると言われているのです。
腸内には善玉菌と悪玉菌という腸内細菌が生息していて、両者はその勢力争いを常に繰り広げています。善玉菌として代表的なのが乳酸菌やオリゴ糖などヨーグルトでも有名な細菌たちです。腸内のphを正常に保ってくれるのが善玉菌の役割だとされています。
逆に、悪玉菌は腸内の残りカスを分解して腸に害となる分泌物を生成します。これが腸内phを乱す原因となっているのです。よってこの腸内環境がどちらに傾くかによって身体の免疫力は左右され、それが便秘を引き金にしているということなのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする