よい便、悪い便

よい便、悪い便

便秘には腸内環境が大きく影響しています。
といっても腸内環境は自分で確認することはできません。
ですから、腸内環境を確認するために、便を確認してみましょう。
便の色や形、柔らかさ、においなどで腸内環境がよいか悪いかがわかります。
腸内環境が悪い場合に出る便は、
水っぽかったりひょろっと長かったり、ころころ小さく固い便です。
においはきつく、黒っぽかったり赤っぽいなどの便です。
便を出したあとにもなんだかすっきりしない場合にも、腸内環境がよくないといえるでしょう。
逆に腸内環境がよい場合には、少し固めのバナナのような形をした便が出ます。
色は黄褐色で、においもきつくなく、すんなりと出やすい便です。
もちろん残便感も感じないでしょう。
腸内環境がいいということは善玉菌が多いということです。
毎日の便の様子を見て、善玉菌が豊富な、健康的な腸内環境を目指しましょう。
食べ物や飲み物を改善することは、善玉菌をふやすことにつながりますよ。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする