不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

便秘に対して食物繊維を摂取すると良いということは、よく知られています。
ただ、その食物繊維に溶けやすいもの、溶けにくいものがあるということは、あまりよく知られていません。
水によく溶けるものは水溶性食物繊維、溶けにくいものは不溶性食物繊維といいます。
それぞれが便秘にならないように、腸の活動をサポートしています。
水溶性食物繊維については、有害な物質を吸着して身体の外へと排出するはたらきを持っています。
それによって、腸内を健康に保つということです。
食品ではリンゴやみかん、芋類、大根、キャベツ、わかめなどによく含まれています。
一方不溶性食物繊維については、腸の蠕動運動をうながすことによって便通を良くしています。
それとともに腸内では水分を吸収することによって容積を増やしていて、それによって便の量も増えて排泄がスムーズになります。
食品では豆類や玄米、ごぼうなどによく含まれています。
それぞれ含まれている食材は異なるため、やはりバランス良く食べなければなりません。
ただし食べ過ぎると、便秘から逆に下痢となってしまう可能性もあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする