食べすぎも便秘のもと

食べすぎも便秘のもと

便秘になる原因はたくさんありますが、
食べる量が少ないのも便秘の原因のひとつです。
食べる量が少ないということは、便のかさが少ないということになります。
かさが少ないと便が押し出される力が弱まるので、
便が出にくくなってしまうのです。
ですから、食事はしっかりと3食とることが大切なのです。
しっかり食べるのはいいのですが、何でもかんでも食べればいいということではありません。
揚げ物や肉類など、脂物を食べ過ぎたり、
甘いものを食べすぎたりしていると、それも便秘の原因となってしまうのです。
たくさん食べて、便のかさはたっぷりなのに、
腸内環境が悪いと、便は出にくくなってしまうのです。
脂ものや糖は、便秘の原因である悪玉菌のエサとなり、
悪玉菌を増殖させてしまいます。
悪玉菌は腸の働きを悪くしてしまうので、
腸が便を押し出す力が弱まってしまい、便秘になりやすくなるのです。
便秘を改善するためには、食べすぎを予防するのも大切なのです。
食べすぎを予防するためには、食事のときに野菜から先に食べたり、
汁物から先にとるようにしましょう。
そうすることで、食べ過ぎの予防ができます。
また、おやつなどには、バナナやリンゴなどのフルーツにしてみるといいでしょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする