りんごを食べて便秘解消

りんごを食べて便秘解消

ダイエット効果や健康効果などもある、リンゴ。
このリンゴには便秘解消効果も期待できます。
それはリンゴに含まれる、ペクチンと食物繊維の働きです。
水溶性食物繊維であるペクチンは、腸の中の善玉菌のエサであり、大好物です。
ですから、そのペクチンを多くとることで、善玉菌が増える効果があるのです。
善玉菌が増えることで、腸内が元気で活発となり、
便秘になりにくい環境を作ってくれるのです。
そして、ペクチンのもうひとつの働きは、便をやわらかくすることです。
便秘になると便が固くなり、出にくくなってしまっています。
その固くなった便に水分を含ませ、やわらかくしてくれるのです。
ですから、便が出やすくなり、便秘解消に効果的なのです。
どのペクチンですが、リンゴの皮の部分に多く含まれています。
りんごを食べるときには皮をむいて食べる人が多いと思いますが、
便秘解消のためには、皮のまま食べるようにするのがオススメです。
皮のまま食べるのは苦手という人は、
皮ごとすりおろしたり、ミキサーにかけてジュースにするといいでしょう。
皮ごと食べるときには、よく洗うことを忘れずに。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする