マッサージやツボによる便秘対策

マッサージやツボによる便秘対策

便秘に対策する方法として、解剖学の面からみた大腸の配置に合わせたマッサージをすることは十分に効果的であるとされています。
腸が刺激されることによって便意がもたらされ、排便がうながされることも期待されます。
人指し指から薬指にかけて4本の指を使い、時計まわりにおへその周囲を回すようにマッサージします。
こういった手の動かし方が効果的である理由は、大腸が右の下腹部にある盲腸から始まっていて、おなかの上の方を通って左の下腹部にあるS状結腸を経て直腸に至っているという流れに沿っているのです。
このマッサージをするときは仰向けになり、枕を腰の下に入れておなかが伸びた状態にするとより良いでしょう。
ツボについては腸を刺激するものとして、背中から腰にかかる部分に『大腸愈』(だいちょうゆ)、『腎愈』(じんゆ)と呼ばれるものがあります。
腰に手を両方とも当てて、息を小さく吐いていきながら背骨の横を親指で少しずつ押していきます。
早ければ、刺激した瞬間におなかが鳴って反応するという場合もあります。
もうひとつ、足の裏にも腸に対応する『反射区』のツボがあります。
足の裏の中央でへこんでいるあたりに集中していますから、わかりやすくなっています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする