便秘の対策に腹筋を鍛える

便秘の対策に腹筋を鍛える

便秘に苦しむ要因のひとつとしては、腹筋の筋力が不足していることも影響しています。
トイレへ行った際におなかへ力を入れても、排便をうながすだけの筋肉がついていないという場合です。
そのため、腹筋を鍛えることは便秘に対策するものとして効果的なものになります。
一般的に腹筋運動というと、仰向けに寝た状態からおなかの力で起き上がり、また寝てを繰り返すというイメージですが、これでは運動効果として不十分です。
便秘対策として効果を期待するならば、まず姿勢は頭のうしろで両手を組むようにします。
呼吸との関係も重要であり、仰向けの状態から息を吐きつつ上半身を持ち上げていきます。
このとき目線は、おへそのあたりをのぞきこむようにします。
ここで完全には起き上がらないことがポイントとなります。
ぎりぎりおへそが見えるくらいの位置で身体を止め、5秒間ほど体勢をキープするようにします。
そして息を吸いつつ、もとの姿勢に戻ります。
この方法であれば、回数は5回繰り返せば十分です。
そのほかウォーキング、水泳といったことも、日々続けていくことが便秘には効果的になります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする