便秘と免疫力の関係

便秘と免疫力の関係

あまり知られていなかったのが腸内環境と免疫力の関係です。腸内環境のバランスが崩れ悪玉菌が増えると腸内ph.が崩れて、風邪や感染症にかかりやすくなることが最近では研究により示されてきています。それに便乗する形でヨーグルトや発酵食品、サプリメントに至るまでこの謳い文句が聞かれます。
そしてこの腸内環境を悪化させる最大の要因が便秘なのです。便秘になるということは、腸の排出機能のどれかに異常が生じて新陳代謝が遅れることを意味しています。つまり、身体全体の機能が便秘によって影響を受け、低下してしまう可能性があるのです。
もっといえば、便秘の最大の脅威として便が腸の中に滞在してしまうことが挙げられます。便が腸の中で長い間止まってしまうと水分が吸収されてしまいだんだんと固まってしまうのですが、これは腐敗・発酵の要領で腸内細菌によって分解され始めます。
その時に活発になるのが悪玉菌であり、腸内環境を乱す主犯だと言われているのです。その一方で、乳酸菌や酵母菌など調に優しいとされる菌を摂取することで腸内環境の悪化を防ごうとするものがありますが、実のところ菌が胃酸などで死んでしまうなど非常に効果として薄い方法でもあるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする