便秘にはキャベツ

便秘にはキャベツ

便秘良く効くと言われるのがキャベツは実際はどれほどの効果があるのでしょう。キャベツとは一体何かを解剖してみると、その構成成分のほとんどは水でできているといえます。つまり、キャベツをたくさん食べることは、身体に固形の水を摂取していることと同じで水を摂って便秘解消を行う方法かそれ以上の効果を期待できるのです。
もちろんキャベツには水以外の重要な成分である食物繊維や葉緑素も含まれているのです。食物繊維は水溶性と脂溶性がありキャベツは水溶性に当たるため水に溶けて腸で効くのです。
さらにキャベツに豊富に含まれる葉緑素には、身体の老廃物を排出する手助けをしてくれることが知られており、それと相まって水溶性のビタミンであるビタミンCやB群なども身体の排出機構に良い影響を与えてくれるのです。
そして最大の効果の秘密は、その容積にあります。キャベツはる水と繊維質によって構成されており、本来の食事としての摂取カロリーよりも少ない熱量でお腹を満たすことができます。つまり、便秘の一因として知られている、摂取量(総カロリー量)を確保しやすくなり、女性のようにダイエットに気にする人たちにも使える対策だと言えるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする