体操で腸を刺激する

体操で腸を刺激する

便秘であるときは、腸の活動が弱まっています。
それを改善するためには食事をしっかり食べて排便が起こるようにするとともに、運動をすることで体内の活動を活発にするということも必要です。
たとえば体操をすることによって腸に刺激を与えることで、ゆるんでいる腸の状態が改善されて血液のめぐりを良くすることができます。
具体的なやり方については、リラックスした状態で行うようにします。
仰向けに寝て、身体からは力を抜いた状態にします。
そこから片足を曲げて、両手でひざを抱えるようにします。
さらに息を吸いつつ、そのひざを胸のところまで引き上げて胸につけるようにします。
そして息を吐いていくとともに、足をもとの状態にまで戻していきます。
次に反対側の足で同じ動作をするようにして、両足で3回ずつ同じ運動をするようにします。
ここでは呼吸と動作のリズムを合わせることが重要であり、うまく腸が刺激されれば便の動きがスムーズになっていくことも期待されます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする