不溶性食物繊維の働きと、不溶性食物繊維が多い食材

不溶性食物繊維の働きと、不溶性食物繊維が多い食材

食物繊維と一言で言っても、実は2種類に分けることができるのです。
水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は、名前からもなんとなくわかると思いますが、
水に溶ける食物繊維です。
そして、不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維ということになります。
不溶性食物繊維ですが、水に溶けることはありませんが、
胃や腸で水分を吸収し、大きく膨らみます。
膨張した食物繊維が、腸の刺激となり、ぜん動運動を活発にしてくれる効果があるのです。
ぜん動運動が活発になるということは、排便が促されることになるので、
便秘解消効果が期待できるのです。
また、不溶性食物繊維が含まれている便は、水分が豊富で柔らかい便なので、
排便がしやすいというメリットもあるのです。
不溶性食物繊維が豊富な食材は、
ごぼう、さつまいも、かぼちゃ、玄米、大豆、いんげん豆などです。
ただ、不溶性食物繊維は、便秘の症状があるときにとりすぎてしまうと、
余計便秘を悪化させてしまうことがあるようです。
便秘予防には不溶性食物繊維を豊富にとることは効果的ですが、
便秘改善効果を得たいときには、不溶性食物繊維は程々にして、
水溶性食物繊維を多めにとるといいようです。
便秘の予防や解消には、食物繊維のバランスが大切のようです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする