水溶性食物繊維の働きと、水溶性食物繊維が多い食材

水溶性食物繊維の働きと、水溶性食物繊維が多い食材

水溶性食物繊維は、名前からもわかるように、水の中で溶ける食物繊維です。
水に溶けた水溶性食物繊維は、ゲル状のぬるぬるとした状態になり、
そのぬるぬるが、身体に必要にない老廃物などを取り込みながら、
腸内を刺激し、排出しやすくしてくれます。
排便促進効果も期待できるだけではなく、
腸の中で発酵、分解されることで、ビフィズス菌が増加するので、
善玉菌が増えることにつながり、腸内環境も改善されます。
ですから、便を出しやすくするだけではなく、腸を元から改善し、
便を出しやすくしてくれるというわけです。
老廃物や有害物質も一緒に排出してくれるので、
腸の中で腐敗するのも防いでくれます。
水溶性食物繊維を豊富に含んでいる食材は、
昆布や寒天、切り干し大根、干ししいたけ、ばなな、リンゴ、ニンニク、
かんきつ類などです。
便秘の症状がある場合には、このような食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする