便秘になりにくい習慣をつくる

便秘になりにくい習慣をつくる

便秘にならないようにするためには、食事や運動に気をつけるといったことも重要ですが、自然な排便を期待することのできる生活上の習慣もつくりたいところです。
1日のうちで便意が起こりやすいのは、朝の時間帯です。
その日にはじめての食べ物や飲み物を摂取することによって、胃や腸が刺激を受けやすいのです。
朝ごはんをしっかり食べることで便通はくるのですが、朝食後では会社や学校に行くまでの時間的な余裕がなく、トイレに行く時間を確保することができないという方もいます。
そんなときは起きてからすぐに、冷たい水を飲むだけでも胃腸に刺激が伝わります。
朝ごはんの前にトイレタイムを済ませてしまえば、ごはんの後は安心です。
こういった朝の心がけは、規則正しい生活にもつながるものです。
いったん便秘になってしまうと便は硬くなり、力をこめなければ便が排出されなくなってしまいます。
あまり無理に出そうとすると痔にもなってしまいかねないため、やはり自然な排便がうながされる生活であることが理想的です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする