便意に敏感になる重要性

便意に敏感になる重要性

便秘になることなく定期的な排便を習慣にするためには、便意に対して敏感に反応するようにすることが大切です。
便意というものは、便が直腸にまで到達したときに感じられるものです。
同時に直腸から手前にある結腸へは、便を動かすような信号が送られています。
ここで素直に排便へ臨めば、すっきりとしたお通じになるわけです。
ただ、ちょうど忙しい時間帯であったり仕事中でつい我慢したり、人と行動していて恥ずかしいといった感情がはたらくということもあります。
こういったことによって排便の機会を逃してしまうと、そのうちに神経の反応も鈍ってしまいます。
やがては、直腸から結腸に出されている信号も、キャッチすることができなくなってしまいかねません。
こうなると、便秘は慢性化してしまうのです。
何かにつけてトイレに行くことを後回しにしてしまいがちなものですが、健康のためにはいけません。
たとえば朝は忙しい一方で便意を覚えやすい時間帯でもありますから、習慣としてトイレに行く時間を組み込みたいところです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする