便秘に関係する女性の生理

便秘に関係する女性の生理

男性よりも、女性が「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」になりやすいのは理由が存在します。近年において、日本人女性の実に2人に1人は、便秘の症状が認められてます。男性に比べて女性が便秘になりやすい理由の1つは、「生理(思春期以後の女性で、卵巣周期に伴う性ホルモンの変化により子宮粘膜が周期的に変化して、受精卵の着床がないと、平均28日ごとに内膜が剥離して出血することであり、これが数日間持続すること)」の影響が考えられるのです。特に、「排卵(卵巣から、成熟した卵子が排出されることで、卵胞が発育してグラーフ卵胞となり、卵巣表面に盛り上がると破裂して卵子を出すこと)」後から月経前には、「黄体ホルモン(主にプロゲステロンからなる、発情ホルモンとともに作用して子宮壁を受胎可能な状態にし、発情をコントロールして妊娠を継続させる)」という「女性ホルモン(性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモン)」が多く分泌されます。その結果、腸の蠕動運動が低下して、その時期は便秘になりやすいのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする