女性の便秘の仕組み

女性の便秘の仕組み

「女性ホルモン(性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモン)」の周期的な活動の結果によって、「腸(消化管の主要部分の1つであり、胃の幽門に続き、肛門に至る、小腸である十二指腸・空腸・回腸と、大腸である盲腸・結腸・直腸からなり、食物の消化および吸収を行う)」の「蠕動(ミミズなどの虫が身をくねらせてうごめきながら進むこと)」運動が低下してしまうのです。これに加えて、「筋力(筋肉の力)」の影響が考えられています。女性の場合、男性に比べると、「腹筋(腹の筋肉)」が弱いことから、「大腸(盲腸・結腸・直腸に分けられ、腸内細菌による発酵や水分の吸収などが行われる、消化管のうち、小腸と肛門との間の太い腸の部分)」の運動と、緊張が低下しやすいわけです。どちらにしても、この腸の働きの低下によって、便の通りが悪くなり、「便秘「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」」が発生するという仕組みになっています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする