腸内細菌は便秘の味方?

腸内細菌は便秘の味方?

「善玉菌(人の腸内に存在する細菌のうち、その活動によって生み出される代謝物が人の健康維持に貢献するもの)」が「悪玉菌(人の腸内に存在する細菌のうち、その活動によって生み出される代謝物が人の健康維持に害をなすもの)」の働きを抑えて、腸内「細菌(原核細胞を持つ単細胞の微生物であり、原形質に明瞭な核をもたない生物の一群で、主に分裂によって繁殖し、地球上の至る所に存在していて、食品加工や有機物の分解に利用されるが、病原体となるものも多い)」を一定のバランスに保つことによって、私たちの健康な腸内環境は維持されています。しかしながらも、悪玉菌が増えると、「アミノ酸」や「タンパク質」などの分解が促進されて、「アンモニア」などの有毒ガスや、有害物質が発生するのです。これによって、腸の活動が徐々に低下して、便秘の状態が発生するわけです。健康的な腸内環境を保つためには、日頃から乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を多く摂取して、腸内細菌のバランスを整えることが大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする