種類ごとの便秘への対策方法

種類ごとの便秘への対策方法

便秘の種類は、おおまかに3つに分けることが出来ます。自分がどのタイプか分からない場合は特に、この3つに対する共通の対策方法が必要になっています。人間の「腸(消化管の主要部分の1つであり、胃の幽門に続き、肛門に至る、小腸である十二指腸・空腸・回腸と、大腸である盲腸・結腸・直腸からなり、食物の消化および吸収を行う)」の中には、100兆個もの腸内「細菌(原核細胞を持つ単細胞の微生物であり、原形質に明瞭な核をもたない生物の一群で、主に分裂によって繁殖し、地球上の至る所に存在していて、食品加工や有機物の分解に利用されるが、病原体となるものも多い)」が存在しています。これらの細菌の代表にまず挙げられるのが、「乳酸菌(糖類を分解して乳酸をつくる働きをする細菌の総称)」や「ビフィズス菌(ぶどう糖を発酵させて酢酸・乳酸を作るグラム陽性の桿菌)」などの「善玉菌(人の腸内に存在する細菌のうち、その活動によって生み出される代謝物が人の健康維持に貢献するもの)」です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする