便秘解消に役立つ種類分け

便秘解消に役立つ種類分け

「習慣性便秘」の場合、生活習慣や食生活が原因として発症します。習慣性便秘は、さらに3つのタイプに分けることが出来ます。1つめは「直腸性便秘」です。便が「直腸(下端が肛門になる、消化管のうち、大腸のS状結腸に続く最終部分)」まで運ばれているにも関わらず、「大脳(左右の大脳半球とそれを結ぶ脳梁があり、半球の表面には多数のしわやひだがある。表層は大脳皮質で覆われ、神経繊維が多く通っている内部は大脳髄質と呼ばれる、脳の主要部分)」にその刺激が伝わらないことによって、発生する便秘になります。2つめは、「けいれん性便秘」です。けいれん性便秘は、主に疲れやストレスが原因で発症する便秘になります。そして3つめは、「弛緩性便秘」です。弛緩性便秘は、便意があるにも関わらず、腹部が張ってしまう(膨満感)という、女性や高齢者に特によく見られる便秘になります。この3つのタイプに共通する原因としては、腸内細菌叢のバランスの乱れが主として挙げられます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする