便秘になりやすい主な原因

便秘になりやすい主な原因

便秘は、タイプ別に大きく分けて2種類存在します。「器質性便秘(大腸に病気があり、大腸の正常な働きができなくなったり、腸管が狭くなったり、または元々大腸の形質異常などによって、便が通りづらい、排便がスムーズにできない便秘)」と、「機能性便秘(腸そのものには異常がないが、腸の機能低下や異常がある場合に起こる便秘のこと)」です。「器質性便秘」は簡単に言うと、腸に関する病気が原因で起こる便秘のことを指します。また「機能性便秘」は、排便機能の障害により起こる便秘のことです。機能性便秘の場合、さらに「一過性便秘(生活環境の変化や精神的ストレスが原因で、突然便秘が始まる症状のこと)」と、「習慣性便秘(何回も便秘を繰り返している状態であり、肛門が狭くなっていたり、便が硬くなっていたりして、治りにくい状態)」とに分類されます。一過性便秘は簡単に言うと、旅行などによる環境の変化から起こる便秘になります。主な原因は、緊張やストレス、食物繊維不足や水分不足であり、原因が分かれば、比較的自然に収まることが特徴です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする