自身の便秘のタイプを把握する

自身の便秘のタイプを把握する

「習慣性便秘(何回も便秘を繰り返している状態であり、肛門が狭くなっていたり、便が硬くなっていたりして、治りにくい状態)」の場合、「慢性型」になると、「直腸性便秘」、「けいれん性便秘」、「弛緩性便秘」の3タイプに分類することが出来ます。直腸性便秘の場合、便が「直腸(下端が肛門になる、消化管のうち、大腸のS状結腸に続く最終部分)」まで運ばれているにも関わらず、「大脳(左右の大脳半球とそれを結ぶ脳梁があり、半球の表面には多数のしわやひだがある。表層は大脳皮質で覆われ、神経繊維が多く通っている内部は大脳髄質と呼ばれる、脳の主要部分)」にその刺激が伝わらないために発生するものです。以下と重複してます。けいれん性便秘の場合は、疲れとストレス(寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応)が原因で、「腸(消化管の主要部分の1つであり、胃の幽門に続き、肛門に至る、小腸である十二指腸・空腸・回腸と、大腸である盲腸・結腸・直腸からなり、食物の消化および吸収を行う)」が引きつりを起こし、便の通りが悪くなることによって発生するものです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする