便秘の基礎知識を身に付けて解消させる

便秘の基礎知識を身に付けて解消させる

便が排出されない状態が、3日続いたら、「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」だと言われています。そもそも便秘とは、便の「腸管(消化管のことで、特に小腸・大腸のこと)」通過時間が、正常に生理的(からだの機能や組織に関するさま)な値である120時間までよりも長く、「排便(糞便を肛門から体外に排出すること)」に困難を伴うなどの症状が認められる状態と、定義されています。しかしながらも、この排便期間には、多分に個人差が存在するものです。だからこそ、便秘と思われがちな症状の大半は、単なる便の腸管通過時間の増加に過ぎないと言われています。具体的には、3~4日に1回程度であっても、苦痛を伴わない長年の習慣であるのであれば、便秘と考えなくてもいいわけです。しかしながらも、排便の間隔が2日であっても、残便感(便が身体の中に残っている感覚)や、お腹が張った苦しい感覚(膨満感)などがある場合には便秘と考えて間違いないでしょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする