便秘解消のための定義付け

便秘解消のための定義付け

「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」には、実は具体的な定義がありません。2~3日の間、お通じがなくても、スムーズに満足のいく排便がされる場合には、便秘とは言えないでしょう。反対に、毎日お通じがあっても、膨満(腹が張っているような感じ)感や残便感があるようならば、便秘と考えられるわけです。便秘になると、下腹部が張ったような感じを覚えたり、痛みをともなったりすることがあると思います。しかしながらも、下腹部の痛みは、便秘だけで起こるものではないと言われています。女性の場合では、「子宮筋腫(子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍であり、生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0・5%以下であり、30~40代に好発する)」や「卵巣のう腫(液体が卵巣内にたまった貯留嚢胞と呼ばれるものと、腫瘍に分けられ、卵巣腫瘍全体の約80%を占めています)」などが大きくなって、腸を圧迫していることが、便秘の原因になっている可能性もあるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする