下腹部の状態で便秘を診断する

下腹部の状態で便秘を診断する

そもそも「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」とは、「大腸(盲腸・結腸・直腸に分けられ、腸内細菌による発酵や水分の吸収などが行われる、消化管のうち、小腸と肛門との間の太い腸の部分)」の動きが悪くなるなどを理由にして、便の排泄が順調に行われていない状態のことを言います。大腸は、右下の腹部から始まって、右脇腹、胃の下、左脇腹、左下腹部を通り、「肛門(直腸の末端が皮膚に開口する所であり、消化管の終わりにある、大便の出口)」へと続いている器官です。ほとんどの場合において、便が溜まるのは、この肛門に近い「直腸(消化管のうち、大腸のS状結腸に続く最終部分)」部分になります。そうとはいえ、直腸の容量には限りがあります。だからこそ、酷い便秘の場合には、左下腹部のS字結腸(盲腸と直腸の間の主要部分)や、左脇腹の下行結腸あたりまで、便が溜まってしまうことがあるのです。お通じは、1日に1回が理想とされています。しかしながらも、数日間、便意をもよおさないことがあり、これを便秘と判断する人が多いはずです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする