女性は男性よりも便秘になりやすい

女性は男性よりも便秘になりやすい

男性の場合、女性よりも労働時間が長くなることが多く、ストレスを感じやすいため、「下痢(げり、大便が液状もしくはそれに近い状態で排泄されること)」になりやすいという説も存在しています。反対に、女性の場合、男性よりも小食であり、筋力が少なく、さらに「女性ホルモン(性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモン)」の作用があることから、下痢よりも「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」になりやすいと言われているのです。下痢や便秘になりやすいタイプをご紹介します。冷たい飲み物をたくさん飲む、食事の回数や量が少ない、脂っこいものをよく食べる、「食物繊維(植物繊維のセルロース、ペクチン・リグニン・アルギン酸などの、整腸作用や各種の効用がある、食物成分の中で、人の消化酵素では消化できないものの総称)」の摂取量が少ない、コーヒーなどの刺激物をよく摂取する、運動習慣がない、つい食べ過ぎてしまう、不規則な生活をしている、早食いをしてしまう、便意を我慢してしまう、ストレスが解消できない、体が冷えやすい、などが挙げられます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする