便秘と下痢は隣り合わせ

便秘と下痢は隣り合わせ

「下痢(げり、大便が液状もしくはそれに近い状態で排泄されること)」と「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」の違いと言われると、正反対ではないかと思われることが多いです。しかしながらも、下痢と便秘は、実は完全な別物とは言い切れないのです。なぜなら、どちらも「腸(胃の幽門に続き、肛門に至る、小腸である十二指腸・空腸・回腸と、大腸である盲腸・結腸・直腸で、食物の消化および吸収を行う、消化管の主要部分の1つ)」の具合がおかしくなって起こるものだからです。「小腸(十二指腸・空腸・回腸に分けられて、消化、栄養素の吸収を行う、腸のうち、胃の幽門から盲腸の前までの消化管)」から「大腸(盲腸・結腸・直腸に分けられ、腸内細菌による発酵や水分の吸収などが行われる、消化管のうち、小腸と肛門との間の太い腸の部分)」に送られた半粥状の便が、そのまま排泄されれば下痢となり、そのままとどまれば便秘になるわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする