口臭予防と便秘解消との関係性

口臭予防と便秘解消との関係性

「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」を解消するために「口臭(種々の原因によって、口腔から発する不快な悪臭)」を予防するには、まずは口の中を常に清潔に保つのが大切です。具体的には、年に1~2回は、検診を兼ねて歯科できちんと歯のクリーニングをしてもらうことが望ましいでしょう。例えばそこまでしていたとしても、口臭が気になる場合は、特に注意が必要になってきます。「胃腸」や「呼吸器」の疾患、「肝臓(右上腹部にある暗赤色の最大の臓器)」や「腎臓(脊椎動物の泌尿器官)」の機能低下、「糖尿病(のどの渇き・多尿・空腹感・倦怠感などの自覚症状があり、感染症・動脈硬化・白内障などの合併症を起こしやすく、体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる、高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気)」が潜んでいるかもしれないので、病気が原因となっているものに関しては、適切な医療機関を受診して、根底から治療することが大切です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする