便秘解消のために口臭を予防する

便秘解消のために口臭を予防する

近年において、「口臭(種々の原因によって、口腔から発する不快な悪臭)」には、その予防法が多種紹介されています。一般的に口臭の原因は、「にんにく(全体に強いにおいがある、ユリ科の多年草)」や「アルコール(日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなど、製造法では発酵酒・蒸留酒・混成酒の3種に分けられる、アルコールを含んだ飲み物)」などの飲食物だと思われることが多いようです。確かに、日頃マスメディアでも目にすることが多く(にんにくやアルコールの後に、というキャッチフレーズは1度は聞いたことがあるはずです)、香りが強いものを摂取することによって、食べ物が胃に移った後であっても、臭気が口から出てくることがあります。しかしながらも、そのような臭いの元が明らかでない場合の口臭は、ほとんどの場合において、「清浄不足」、「歯肉炎(赤くはれ、出血することもある、歯茎に起こる炎症)」、「虫歯(歯の硬い組織が、口腔内の細菌の作用による食べかすの発酵で溶解し、破壊される状態)」、「義歯の不適合」などによって、口の中が不潔になり、菌が繁殖して起こるものなのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする