口臭と便秘の関係を知る

口臭と便秘の関係を知る

「口臭(種々の原因によって、口腔から発する不快な悪臭)」において、「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」になりやすい要素の具体的な例として、日頃の不摂生(健康に気をつけないこと・健康に悪いことをすること)や過度のストレス(寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応)などが、主として挙げられます。実際の所、便秘になると口臭がきつくなるとは言いきれません。しかしながらも、便秘が解消されることによって、同じ要素が原因となっている場合には、口臭の悩みもまた、同じように解消出来る可能性があるわけです。私たちの身体は、とても複雑な構造をしています。1つの原因が、複数の症状を引き起こすことあるでしょう。また、反対に複数の原因が、1つの症状を引き起こすことも充分にあり得るわけです。何らかの不調がある時には、それを改善することだけを考えずに、多角的な視点から原因を探る習慣をつけることによって、便秘の早期解消に繋がるでしょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする