口臭がある人は便秘の可能性があります

口臭がある人は便秘の可能性があります

近年において、「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」になると、「口臭(種々の原因によって、口腔から発する不快な悪臭)」が気になるという報告が挙がっています。口臭は、「虫歯(歯の硬い組織が、口腔内の細菌の作用による食べかすの発酵で溶解し、破壊される状態)」や「唾液(大部分は水分で、ムチンやでんぷん分解酵素のプチアリンなどが含まれる、唾液腺から分泌される無色・無味・無臭の液体)」の分泌量の低下のほかにも、「糖尿病(のどの渇き・多尿・空腹感・倦怠感などの自覚症状があり、感染症・動脈硬化・白内障などの合併症を起こしやすく、体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる、高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気)」などの病気が関連している場合があるので、特に注意が必要です。また、ほとんどの場合、便秘とは直接関係ないものだと考えられています。しかしながらも、さらにそれらの原因を探っていくと、便秘になりやすいとされる要素がいくつか見つかったのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする