便秘を解消するために腸に栄養を送る

便秘を解消するために腸に栄養を送る

「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」を解消するためには、「蠕動(ミミズなどの虫が身をくねらせてうごめきながら進むこと)運動」をしている「大腸(盲腸・結腸・直腸に分けられ、腸内細菌による発酵や水分の吸収などが行われる、消化管のうち、小腸と肛門との間の太い腸の部分)」を活発にする必要があるのです。この動きの助力となるのが、乳酸菌(糖類を分解して乳酸をつくる働きをする細菌の総称)などの「善玉菌(人の腸内に存在する細菌のうち、その活動によって生み出される代謝物が人の健康維持に貢献するもの)」になります。腸内の善玉菌が増えることによって、それらが作り出した「乳酸」や「酢酸」が次第に増えていき、大腸が刺激されて、蠕動運動が活発になるわけです。このような経過を辿って腸が元気に動く状態になると、排泄がスムーズにいくようになって、結果的に、栄養状態が良いとされる健康な身体(腸)が作られるようになるわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする