腸を健康にして便秘を解消

腸を健康にして便秘を解消

「腸(胃の幽門に続き、肛門に至る、小腸である十二指腸・空腸・回腸と、大腸である盲腸・結腸・直腸で、食物の消化および吸収を行う、消化管の主要部分の1つ)」が健康(正常な状態)であれば、「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」にはならないと考えられています。私たちの身体の外側から得たものを少しずつ変化させていき、生きるために必要な栄養素だけを吸収して、不要なものをまた外に出す一連の流れを「栄養(生物体が体外から物質を取り入れ、成長や活動に役立たせること)」と言います。栄養状態を良好にすることによって、健康になります。なぜなら、栄養素だけが大切なのではなく、「消化」・「吸収」・「排泄」の流れを良くするという意味があるからです。便秘が身体に悪いのは、このためです。便秘は、主として「大腸(盲腸・結腸・直腸に分けられ、腸内細菌による発酵や水分の吸収などが行われる、消化管のうち、小腸と肛門との間の太い腸の部分)」での移動がきちんと行われずに、排泄がうまく出来ていない状態を言います。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする