便秘になったら腸に気を遣いましょう

便秘になったら腸に気を遣いましょう

便は一体どこで作られているのか、正しく把握していますか。私たちの口から入った食べ物は、「食道」と「胃」を通りながら、そこに含まれている栄養素を吸収しやすい形にして、消化されていきます。それから、「小腸(腸のうち、胃の幽門から盲腸の前までの消化管)」で大半の栄養素が水分と一緒に吸収されて、その後に、1分間に2~3回、くねくねと動く大腸の中(蠕動運動)をゆっくりと移動していき、小腸で吸収しきれなかった(出来なかった)残りの栄養素や水分を、少しずつ時間をかけて吸収しながら、肛門へと向かっていくのです。このような過程を経て、最後に残ったものが便です。肛門に辿り着いた所で、名称が便へと変わるということです。私たちは、便は腸で作られているというイメージがあるはずです。この理由として、粥状にどろどろに消化された食べ物から、栄養素や水分が吸収されて、少しずつ便を形作られていく場所ということも要因となっています。しかしながらも、便は、消化管の全てで作られているのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする