便秘で増えた体重はダイエットが原因?

便秘で増えた体重はダイエットが原因?

「便秘(健康時に比べて排便の回数・量が著しく減り、便が滞る状態)」は、「ダイエット(肥満の防止・解消のために取り組む食事療法、痩せるために行う運動)」の大敵だと聞いたことはありませんか。このような説から、排便回数を増やすために、安易に「下剤(腸管の運動を亢進させて腸内容物の排泄を促進し、また糞便を軟化膨潤させる薬剤)」を多用する人が増えているそうです。しかしながら、本来便は、身体に不要なものなのであって、下剤を飲まなくても、自然に体外に排出されるようになっています。下剤を飲まなければならないほどの、便秘の状態に陥ってしまうということは、ダイエットなどによる不摂生が原因だと考えられています。食事の量や回数を過剰に減らし過ぎたために、「食物繊維(植物繊維のセルロース、ペクチン・リグニン・アルギン酸などの、整腸作用や各種の効用がある、食物成分の中で、人の消化酵素では消化できないものの総称)」をきちんと摂取していなかったり、身体のリズムが乱れてしまったということです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする