痔と便秘の良からぬ関係

痔と便秘の良からぬ関係

便秘と痔の関係は深く、互いに悪循環をもたらしあうものでもあります。
便秘であると便意があるときに何とか排便しようとして、強くいきむということをしがちです。
ただ、あまりにも力を入れすぎると、肛門が切れてしまうことにもなります。
また、水分不足などによって便が硬くなっている場合も同様であり、排便の際に肛門が切れたり裂けたりすることがあります。
一度痔になってしまうと、患部がものに触れるようなことがあれば痛みを感じることになります。
そのため、排便の際にも激しい痛みをともなうのです。
すると、便意があったとしても無意識に我慢してしまうというケースがあります。
我慢しているうちに便意が消えてしまうということもあるため、結果的にはさらに便秘が悪化するということも考えられます。
それがさらに痔の症状を悪化させることもあり、そうなるとなかなか改善の糸口が見えてきません。
便秘の改善と痔の治療については、同時に進める必要があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする