器質性便秘タイプの対処法

器質性便秘タイプの対処法

便秘になってしまうと、お腹のハリや腹痛だけではなく、
代謝が悪くなってしまったり、体臭や口臭の原因になったり、
代謝が悪くなってしまったり、肩こりや肌荒れなど、
体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。
便秘には大きく分けて4つの種類になりますが、
機能性便秘が3種類で、もうひとつが器質性便秘です。
器質性便秘は、病気が原因となっていることが多いようです。
イレウスや、大腸ポリープ、大腸がん、腸管癒着などの原因があって、
小腸や大腸などの消化器官に通過障害が起こってしまっています。
便秘の症状以外にも、強い腹痛や血便、嘔吐などがあった場合には、
すぐ病院を受診するようにしましょう。
器質性便秘の場合、下剤を使うと腸管穿孔を引き起こしてしまうことが考えられるので、
下剤を飲まないようにしましょう。
便秘といっても、命に関わることにつながってしまうことがあります。
ただの便秘と軽視せずに、便秘になったら、その原因を知り、
改善することが大切です。
便秘だけではなく、他に症状があったり、便秘がなかなか改善されない場合には、
医師に相談するのがオススメです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする