けいれん性便秘タイプの対処法

けいれん性便秘タイプの対処法

機能性便秘の一つである、けいれん性便秘。
けいれん性便秘は、大腸が過度な緊張を起こしていることでおこります。
精神的なストレスや、環境の変化などが原因となって、
副交感神経が興奮してしまうことで、腸管も緊張してしまいます。
腸管が緊張して動きが悪くなってしまうことで、
便がうまく運ばれなくなってしまうのです。
そして、便が出ても、ころころと小さいウサギのウンチのような便になってしまいます。
けいれん性便秘になると、食後に下腹部に痛みを感じたり、
残便感が起こりやすくなるといわれています。
また、便秘の状態と下痢の状態を繰り返してしまうことも覆いようです。
職場が変わったり、住み慣れていたところから引越しをしたりと、
環境が変わったり、ストレスを感じることで起こりやすい便秘のタイプなので、
ストレスの原因を少しでも減らすことができるように心がけたいですね。
また、過敏性腸症候群が原因で起こることもあるようです。
過敏性腸症候群は、腸の働きが強くなりすぎてしまっている状態です。
この過敏性腸症候群も、ストレスが原因となっていることが多いので、
まずは、ストレスを改善することが大切のようです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする