弛緩性便秘タイプの対処法

弛緩性便秘タイプの対処法

便秘のタイプのひとつである弛緩性便秘。
機能性便秘の一つで、大腸の運動が低下している状態で起こっている便秘です。
便を出すためのぜん動運動がしっかり行われないので、
大腸に便がとどまってしまっている状態です。
この弛緩性便秘は、便秘の中でも一番多いタイプで、
女性がなりやすい便秘のひとつです。
また高齢者にも覆いようです。
大腸内に長く便がとどまっていることで、水分が吸収されてしまい、固くなるので、
便が出にくくなってしまいます。
弛緩性便秘になると、残便感があったり、おなかが張ったり、
食欲低下や、肌荒れ、肩こり、イライラ感などの症状が出るようです。
原因としては、水分不足や運動不足、食物繊維の不足などのほか、
腹筋の低下、そして無理な食事制限のダイエットなどがあります。
ですから、弛緩性便秘の場合、バランスの取れた食事を取り、水分もこまめに補給し、
適度に運動をするようにしましょう。
ダイエットも極端な食事制限は、便秘や代謝低下と、
痩せにくい体を作ってしまうことになってしまいます。
ダイエットをするときには、栄養バランスを考え、運動なども取り入れた、
健康的なダイエットをすることをオススメします。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする