便秘になると起こるデメリット

便秘になると起こるデメリット

便秘に悩んでいる人は多いですよね。
特に、日本人女性は便秘に悩む人が多いといわれており、
二人に1人は便秘といわれています。
便秘になると、便が出なくておなかが苦しいだけではなく、
いろいろなデメリットが生じてしまいます
便秘になると、体から毒素や老廃物が排出されずに、体の中にたまった状態になってしまいます。
そうすることで、代謝が悪くなり、ダイエットをしても痩せにくい体になってしまいます。
また、長時間腸内に便があることで腐敗してしまった毒素が体中に流れることで、
ニキビや吹き出物などの肌荒れの原因になってしまったり、
体臭や口臭の素にもなってしまいます。
おならがくさくなってしまうことも、この腐敗した毒素が原因です。
それ以外でも、アレルギー症状が出てしまったり、
無気力、不眠症、疲労感などが起こることもあります。
そしてひどい場合には、大腸ポリープや大腸がん、動脈硬化など、
命に関わる病気を引き起こしてしまうこともあるようです。
便秘に悩んでいる人は多いからといって安心していてはいけません。
便秘の予防法を知り、便秘にならないように心がけましょう。
そして、便秘になってしまったら、原因に合わせた対処法で、
便秘を早めに改善するようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする